現代にはアルバイト医師が必要とされています!

前へ
次へ

新着情報

2019-06-27
最近の在宅医療 その3。
2019-06-01
最近の在宅医療 その2。
2019-04-23
最近の在宅医療 その1。

最近の在宅医療 その1

超高高齢化社会向けて、日本社会が「在宅医療」への認知度を求める中、「在宅医療」に携わる医師 求人、看護師 求人などの人手不足を補わなくてはなりません。
少子高齢化社会では、医療の提供の不足や、医療に携わる人々の不足などが懸念されています。
「在宅医療」は、より多くの医療を必要としている人々に、ケアを行う事を目的に医師 求人、看護師 求人、リハビリ専門職員 求人、ソーシャルワーカー 求人など、幅広い人々の求人を必要としています。

彼らの存在は、核家族化した人々の住居スタイルにおいて、孤立化している高齢者などに、必要な医療ケアを行うだけではなく、彼らの生活における住居環境や飲食状況などにも手を差し伸べるような支援の輪を広げる事ができます。
孤立化した1人住いの高齢者は、外気の気温や室内の温度などの認知感覚が鈍くなっていると言われ、真夏の炎天下に、冬物のカーディガンを羽織る高齢者や、日中の高温多湿の気候の中、飲料水を摂取する事を忘れてしまい、人知れず熱中症に至ってしまう人々もいるようです。

「在宅医療」のスタッフが、孤立した高齢者の自宅に、定期的に自宅を訪問し医療ケアを行う事の中で、どのような居住空間で、そのような飲食物を摂取しているのかといった事を把握しながら、適切なアドバイスを繰り返し行う事は重要であるとも考えられています。
昨今、1人住いの高齢者が、人知れず認知症を患ってしまうケースもみられ、「在宅医療」の定期的な訪問が、認知症の早期発見を促す事も考えられます。超高齢化社会に向けて、様々な対策が、日本社会において練られていますが、皆さんが、「在宅医療」の存在を認知する事だけでもその支援の輪を広げる役割を担っているのではないでしょうか?

2019-04-23

  • サイト制作者

  • name:織辺
    mail:jobsearch@pasticcerialberto.com
    現代医療に少しでもお力添えいただければと思っております。

免責事項:このサイトに掲載している情報にもとづき行なった行為に対し、閲覧者、第三者の方に損害が発生したとしても、サイト制作者は責任を負うことが出来ません。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

ページのトップへ戻る